外国の風景絵

古銭の種類と買取

古銭は収集目的物として人気のあるものです。古銭は千年以上の歴史があり、さすがにそれほど古いものは価値がとても高くなるので、容易に入手することは出来ませんが、比較的近年のものでも、多種多様です。

ここではまとめて古銭といいましたが、個々の古銭が多種多様なだけではなく、そのジャンル自体にいろいろな種類のものがあります。その価値も、種類に応じて決まると考えても間違いではありません。

種類によって価値が異なるということは、誰にどのように売るかによって、その買取価格が異なるということです。実際に古銭を売るときには、売却対象になるものを、まとめて買取業者に持ち込むことが多いとも思われますが、あまり得策ではありません。

古銭の買取を行う業者は、もちろん古銭の専門家ですが、その業者が評価する対象や、特に取引を望む対象はそれぞれ異なります。いろいろな種類の古銭が持ちこまれると、業者は自分の望むものはぜひ買い取りたいので、高く査定しますが、それ以外については、その古銭本来の評価に応じた査定をしてくれるとは限りません。また、複数の業者で査定を比較しても、業者にとって評価の低い対象について査定が低くなるのは同じなので、全体的に低い査定となってしまうのです。

そこで、古銭のカタログなどを参考にして種類分けを行い、その種類ごとに業者に持ち込む方がよいのです。これなら、その種類の古銭自体の査定について、複数の業者を的確に比較することができます。