外国の風景絵

お店によって買取価格は異なります

古銭の買取において、価値が高くなる物にはいくつかの条件があります。具体的には、世の中に少数しか出回っていない希少性が高いものです。また古銭にもいくつかの種類があります。寛永通宝や大半、小半などそれぞれ価値は異なります。一度、リサイクルショップに大半の小判を持ち込んだ事がありますが、大半の方が高い値段が付きました。

しかしここで注意しなければいけないのが、1店舗目で買取をしてもらわない事です。古銭は査定ポイントがいくつかあり、見てもらうお店によって提示される値段が変わります。1店舗目よりも2店舗目で査定してもらった際の方が高い値段が付いた事もありました。そのため、古銭の買取をしてもらう際には必ずいくつかのお店で裁定をしてもらう様にしましょう。

近年では古銭をコレクションしている方が減少している傾向があります。そのため、古銭のコレクションを手放す人も増えていっています。コレクションを手放すと、その分、世の中出回るので希少性が下がってしまいます。古銭の種類によっては昔は価値があったものでも、今では価値が下がってしまっている事もあります。この様に古銭にも様々な種類があり、それぞれ価値は異なります。

古銭はとても古い硬貨やお札になるので状態が悪い物が多いため、保管状態が良く、綺麗な物であれば高額査定になる事もあります。保存状態が悪くカビなどによって劣化した寛永通宝と保存状態がよく当時の状態に近いものを査定してもらった際には買取価格に5倍もの値段が付きました。