外国の風景絵

古銭の価値について

基本的に江戸時代などの大判金などは希少性が高く、数千万円の価値がつくことがザラにあります。一般的に古銭と言われて思いつくのは、江戸時代に流通した寛永通宝でしょうか。ですが残念ながら寛永通宝は流通した数もかなり多く、現在買い取ってもらっても高い価値はつくことはなかなかありません。ですが、流通数が少ない年代のものであれば話は別となります。例えば、昭和64年製造の貨幣は平成に変わるまでの期間が短く、製造数が少ないので希少価値がついています。それと同じように、寛永通宝も寛永3年製造のものであれば買取相場が高くなっています。また、記念金貨や明治時代に流通した金貨なども価値が高くついており、十数万の価値がついている金貨もあります。

古銭の買取方法について

古銭の価値を見極めることは、素人の方では非常に難しいです。古銭の鑑定方法について専門的な知識を持っている方でなければ厳しいので、価値が分からない古銭を持っている場合は、古銭の買取業者や鑑定士の方に相談してみると良いでしょう。やってはいけないことは、ネットオークションなどで売却しようとしてしまうことです。専門の買取業者に売っていれば高く売れたのに、オークションで売ってしまったことで本来の価値よりも安い金額で売ってしまった事例も存在しています。他にも、買取業者によって買取価格が変わってくるので、じっくりと買取業者が提示している価格を比較して買い取ってもらうようにしましょう。